安くお金を借りるキャッシングといえば、消費者金融より低金利な銀行のカードローンがおススメです。

銀行ほか低金利のカードローン一覧はこちら


低金利なカードローン

カードローンといえば、24時間365日いつでも、どこにいてもネットから申込みができて、しかも契約までネットで完結できるようになり、お金を借りる方法がとても簡単で便利になりました。

 

カードローンの金利は下限金利と上限金利がありますが、下限金利は信用のある利用限度額が高い人に適用されるものなので、一般的には上限金利(最高金利)の低い商品を選ぶのが安くお金を借りるポイントですよね。

 

また、消費者金融にくらべれば銀行のカードローンは金利が低く設定されていますので、銀行のカードローンのほうが利息が抑えられ、安くお金を借りることができます。

 

もちろん、担保や保証人は不要なので申込み方法も簡単で、大手の銀行なら審査も消費者金融と同じくスピーディーです。

 

さらには銀行のローンといっても、最近はスピーディな対応で即日融資可能など、消費者金融に劣らない申込み方法や返済方法などのサービスで魅力的です。

 

そんな銀行のおススメカードローンを紹介します。

 

銀行ほか低金利のカードローン一覧はこちら


お金を借りることに関して思うこと

金融業者や金融機関から融資してもらってお金を借りることに関して、そのような考えを持っているか聞いてみました。

 

銀行や消費者金融からお金を借りる事について

みなさんの多くはおそらく消費者金融からお金を借りる事に抵抗があると思います。それはやはり消費者金融の融資利用に対して未だにネガティブなイメージが強いという人が多いからだと思います。

 

確かに昔は消費者金融からお金を借りると、返済できなくなった場合ケツの毛までむしられるとか言われたものでした。ですが、今はそういう時代でもないと私は思います。

 

というのも、今の時代の消費者金融は大手の銀行が消費者金融業界に参入してくるなどして昔のような消費者金融のイメージはもうほとんどないです。

 

ただ、そうは言っても今でも悪徳な消費者金融会社も存在してますので、審査が通りやすいからと言ってそういう所からはお金を借りないようにした方が良いのは今も昔も変わりはありません。

 

ですが、テレビのコマーシャルで流れているような有名な消費者金融会社は審査もしかっりしているし即日で借りるサービスもあるので、そこからお金を借りる分には全く問題ないと思います。

 

ですから、私はお金に困った時はテレビのコマーシャルで流れているような有名な消費者金融会社からの融資を利用してお金を借りています。

 

友人と話し合った、消費者金融のキャッシング

私の友人に、消費者金融のカードでキャッシングをする人がいます。何度か、ATMにも付いて行かされました。

 

駅前などにキャッシングサービスのスペースがあって、入るのに人目が気になりましたが、友人は利用するのが全く気にならない様子。私はただ友人の事が心配で、何度か「こういうのは辞めた方がいい」と言いました。

 

けれど、友人は「どうして?」と言うばかり。一度本気で話し合った事がありました。

 

私は「キャッシングは癖になるし、返済できなくなった場合に怖いから」と諭しました。けれど友人の言い分は「ちゃんと返済すれば怖くないし、返せる範囲だけのお金しか借りてない」という事でした。

 

クレジットカードの利用でも、買い物をした場合のローンでも同じ事なのに、なぜ消費者金融は駄目なのかわからない、と言うのです。そう言われれば確かにそうです。でも消費者金融の融資は怖い人が経営しているイメージがあるし、変な事に巻き込まれでもしないか心配でした。

 

友人は「大丈夫、よっぽど変なところで借りない限りは、今はグレーゾーン金利も見直されて、銀行と同じくらい安心なんだよ」と言いました。

 

友人は今もキャッシングサービスを利用していますが、特に問題は起きていないようです。そろそろ消費者金融に対してのイメージを私達が変えていかなければならないのかな、と思ってみたりします。